So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

うちのヌマガエル飼育。 [カエル]




numa_1091a.jpg


ヌマガエルたちは、2年前の7月中旬くらいから飼育しています。

初めて飼育するカエルだったし、とくにヌマガエルを!・・って決めて
田んぼにカエルを探しに行ったわけじゃなかったので、飼育方法などは
連れて帰って来てからヌマガエルの生態を調べて、自分なりに考えた
環境で今まで飼育してきました。 室内飼いで、4匹います。

毎年、今頃の寒くなり始めた時期に、飼育してる60cmのプラケ水槽の
床材を全交換しています。
ふだんは、水入れの水の交換を汚れ具合によって週1~2回くらい
餌は繁殖コオロギ(イエコ)メインで暖かい時期で週2~3回くらい

4匹分の食べれるサイズのコオロギをケースに放っておく感じです。

ゆっぴー独自の飼育方法ですが、この環境と飼育方法でずっと元気に
みんな生きているので、もう紹介しても大丈夫かなぁ~と思ったので
床材の全交換を機会にその様子を写真に撮ってみました☆彡





numa_1111a.jpg


水入れの前に、ヤシガラ土をある程度せき止めるために石を置いて
ヤシガラを2~3cmの深さで敷きます。 ヤシガラ土は霧吹きで
表面が少ししっとりするくらいに・・・。 消臭効果があると
思うのと、土を入れておくことで微生物がフンなどを分解して
くれやすくなるからです。





numa_1119a.jpg


その上に、水を含ませてよく絞った水苔をふわ~っとのせます。
カエルたちが入ると自分で穴を掘って潜ったり、自然と踏みつぶされて
なるようになるので、ヤシガラ土が全部隠れる面積でふわっとのせた
状態で、
ヤシガラ土と同じくらいの深さで入れておき、寒くなりカエルたちが
餌を食べに
ほとんど出てこなくなったくらいの時期に、もう1~2cmの深さで
水苔を足してのせておきます。

餌を食べなくなっても、水入れに入っていることがわりとあるので、
水は汚れが気になってきたら冬の間も水の交換はたまにしています。






numa_1123a.jpg


横から見るとこんな感じです。





numa_1098a.jpg


掃除待ちのヌマガエルたち [黒ハート]

捕まえて来たばかりの頃よりは暴れなくなりましたが、こうした床材の
全交換の時の一時的な移動の時くらいしか、カエルたちに触れることは

しません。 なので、カエルたちにとっては捕まえられる時にかなり
興奮状態になり手から逃げようとするので、捕まえる時は注意しないと
指の隙間などからの脱走も得意なので(笑)、しっかりと手の中に・・。
ジャンプ力もかなりあるので、ごちゃごちゃした部屋の中で逃げられると
捕獲が大変です。(笑) フタもしっかりしまるケースがオススメです☆彡





numa_1139a.jpg


同じ環境で飼育していても、かなり色に個体差がありますね~ [黒ハート]

水苔は、カエルの行動で水入れの中に入っていたり、散らばったり、
潰れて少しずつ量が減ってきます。 減ってきたなぁ~と思ったら
年に2~3回、水苔だけ足す程度で、床材の交換や補充に関しては
これだけしかしていません。





numa_1146a.jpg


この黒いネットは、餌のコオロギが水入れに飛び込んでしまった時の
溺れ対策です。 こうしておくだけで溺死コオロギはほとんどでません。





numa_1135a.jpg


みんな好きな場所に身を潜めたり、水浴びしていたり、コオロギを
放つと勢いよく穴から飛び出してきたりと、こんな感じで暮らしています。

水入れはあるけれど、ヤシガラ土が渇き過ぎないように表面がかる~く
しっとりするくらいの霧吹きは、3日に2日くらい?!適当にしてます。
これは、放っているコオロギへの水分補給にもなります。

このような環境にコオロギを放つので、もちろんコオロギもあちこちに
潜ったりして、カエルにすぐみつからないコオロギもいますけど、私は
そういう環境でカエルたちが自然とみつけて捕食する・・っというのが
自然下にいたカエルを飼う上では好きなので、多少、コオロギを多めに
放っておいて、コロオギをほとんど見かけなくなったなぁ~と思ったら
またコオロギを放っておく・・っという給餌スタイルです。

水苔の表面に水がスプレーされるとコオロギが動いたり、時には野菜の
欠片などをちょこっと水苔にのせておけば、コオロギは食べに来てる
だろうし、カエルに見つからないまま何処かで死んでしまうことはない
ので安心です。 時々、見つからなさ過ぎて大きく育って、カエルたちが
食べないサイズになっていることも、たま~にはありますけどねっ。(笑)


ちなみに、室温は仕事場で飼っているので夏は弱い冷房、冬は弱い暖房。
人が帰った夜は季節問わず、とくに冷暖房や扇風機やパネルヒーターなど
ヌマガエルに関しては何も使っていません。 ヌマガエルは比較的、
高温に強いカエルだと書かれているのを読んだことがあります。


ただ飼育するだけなら、このくらいのスペースで、このくらいの匹数で、
このような飼育方法で大丈夫だと思われます☆彡 ( ゚ ∀ ゚ )ノシ



    


今日もありがとう [黒ハート]

I have participated in blog ranking.
Please push three upper banners.
Yuppie is very glad !!! Thank you ♪

nice!(67)  コメント(2) 
共通テーマ:ペット

nice! 67

コメント 2

ぽちの輔

カエルさんは土の中で冬眠するイメージなんですけど
室内で飼うとどうなんでしょう?
by ぽちの輔 (2018-10-27 07:17) 

yuppie

ぽちの輔さんへ

土など潜れる床材が入れてあるのが前提ですけど、
室内でも暖房の効いていない寒い場所に飼育ケージを
置いておけば寒さに応じて餌を食べなくなり土に潜って
冬眠に入ると思います。
けれど、温室にケージを置いていたり、気温がある程度
高い部屋などで飼育している場合は冬でも餌を食べますし
冬眠はしませんね☆彡 冬眠させるかさせないか、ハッキリ
させてあげることが(気温で。)カエルにとって大切です☆彡

by yuppie (2018-10-28 00:51) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。